仕事紹介

下村工業 企画開発工程紹介

クリックで詳細の仕事内容を見ることができます。 市場調査 企画開発 設計・試作 商談 製造 販売
市場調査

新商品開発では、キッチン用品をメインに展示会、マーケティング調査で流行の色や形、商品トレンドなどの情報収集を行っています。

国内だけでなく、ヨーロッパをメインに海外向け商材の製造販売も行っており、海外の情報収集も欠かせません。

データベースを元に商品展開を検討し、必要な部材・材料を仕入れます。

 
企画開発

下村工業の営業部門は、伝統の三条刃物から安全便利なキッチン用品までを、技術部門と連携しながら、企画開発する役割も担っています。

ゼロから商品を作りあげることには、他社の営業では味わえないおもしろさがあります。市場調査などで集めた情報を基に、次はどういう商品が売れるかを掴んでカタチにしてゆくのが企画開発のポイントです。

設計・試作

新商品のアイデアが固まったら、試作品を製作し、モニター分析を行います。営業、技術、製造の各部署から集まったチームで会議を開き、試作品に修正を加えて量産に入ります。

商談

下村工業が商談を行う相手は、主に地元の卸売問屋様。ニーズを把握しながら商品を売込みます。当社で企画開発したものを提案する場合と、お客様からの「こんな商品を作りたい」という要望に応えていく場合があります。

 
製造

下村工業では、キッチン用品以外に調理包丁や電動調理機の刃物部品も製造しています。 例えば、包丁の製造工程。プレス、研削、研磨、刃付け、柄の研磨などがありますが、 各工程間の品質管理も重要なポイントです。刃付け処理前には光学ヘッドモニターで刃厚を測定するなどの品質管理を行いながら、高品質な商品に仕上げています。製造技術、品質管理手法の開発改善にも日々注力しています。

▲刃付け ▲研磨 ▲鍛造ハンマー
▲光学ヘッドモニター ▲包丁切れ味検査 ▲材料硬度測定
販売

出来上がった製品は、全品検査し、包装してお客様のご要望に合わせて梱包出荷します。

下村工業 先輩社員紹介

製造部 岩渕 優樹 2008年入社

私は、製造現場でスライサーなど調理刃物の検査、製品の組み立て、包装などを担当しています。忙しい時期は月に数万個も検品することがあって大変ですが、やり遂げた時の達成感は大きいですね。実は、入社するまで地元にこのような企業があることを知りませんでした。でも自分の携わったピーラーやスライサーが世界中で使われていることを知り、驚きと同時にとても誇らしい気持ちになりました。

製造部には経験豊富な先輩たちが多く、先輩・後輩と仲の良い職場です。仕事も丁寧に教えてもらえますし、今では工場で必要な材料を発注する仕事もまかされるようになりました。新しい仕事を早く覚えられるよう、さらに頑張っていきたいです。

製造部 中山 敏克 2001年入社

三条の伝統を担う包丁製造、なかでも包丁の刃付け工程を担当しています。当社の主な包丁は、プレス、自動研削、刃付けといった工程を経て、完成品に仕上げていますが、プロ向け料理用包丁は水砥刃付けという昔ながらの方法で行っています。こうした手作りの包丁でも、お客様の需要数量にあわせ、高品質を維持したまま短納期で製造できるのが当社の強みだと思います。

製造としては、素直で一生懸命仕事に打ち込める人なら、どなたでも大歓迎。良い先輩が大勢いるので、ぜひ飛び込んできてください。地元三条の伝統的な刃物作りの文化をつないでいきましょう。

技術課 小林 芳 2013年入社

私は、営業部からこのような商品をつくりたいという要望に対して、実際に製造・販売ができるように商品のデザインや設計を担当しています。まず製品デッサンを行い、3Dプリンターなどで作製した試作品で製品評価を行います。その後、金型作製の為のCAD製図へと進めていきます。

ひとつの商品ができるまで、デザインや試作を何度も繰り返したりと心が折れそうになることもありますが、商品として販売されるに至ると、その分の苦労が達成感に変わります。プロが使う調理包丁から、かわいいキッチンツールまで幅広い商品を扱うメーカーですので、多くの経験が得られる職場だと思います。

営業部 涌井 賢彦 2005年入社

当社の営業は、企画営業としての役割も担っており、私も直接開発に関わったキッチン用品などをお客様に提案しています。有名産地だけあって燕三条のバイヤーさんは目が利く方ばかりですので、勉強させていただきながらお付き合いさせてもらっています。信頼関係を築くことが営業のコツですね。ゼロから商品を生み出していくのは難しい反面、やりがいがあります。お客様から製造の依頼を受け、製品デザインの作成から、パッケージの選定まで携わった包丁がヒットした時は、この仕事の面白さを改めて感じました。